虫の声を楽しんでいます

虫の声を風流だと感じるのは日本特有だと聞いたことがありますが、確かに私も虫の声を聞くのが好きです。夏の元気なせみの声も、ああ夏が来たんだなと梅雨の終わりに聞くと嬉しくなります。夏の夕暮れに鳴くひぐらしの声は、夏の終わりを感じてとてもセンチメンタルな気持ちになります。昔、海外で聞いた小さなセミの鳴き声は、シャーシャーと涼やかな声でなかなか味がありました。おそらく日本にはいないタイプのセミなのだと思います。
セミだけでなく、秋の虫の鳴き声も好きです。夏の終わり、段々風が涼しくなっていく頃に鳴き出す鈴虫の声はたまりません。温かいお風呂に浸かりながら、耳を澄ませて虫の声を聴くのが好きです。夕方頃、近くの公園に出かけて虫の声を聴くこともあります。こんな時家に縁側でもあれば風流なんだろうな、と思ってしまいます。
また、田舎に行った時は虫ではありませんが、カエルの鳴き声を楽しんでいます。一斉にカエルが鳴く様子はいかにも田舎といった風情で、私はなかなか好きです。2016年最新の馬プラセンタ